ネパール文学最高峰マダン賞受賞作品
パリジャート原作『シリスコフル』
初の完全映画化

前へ
次へ

予告編


作品情報


作品時間:134分
音声:ネパール語
字幕:日本語
物語・解説 → 詳細はこちら

上映会スケジュール


本上映会は終了致しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

伊藤敏朗監督ネパール映画第3作『カトマンズの約束』との同時上映会
2018年4月30日(月)~5月6日(日)
全日10:30~
※早朝割引料金1,300円で全ての同時上映作品(3本)をご覧いただけます
渋谷・ユーロライブ → 詳細はこちら

本上映会は終了致しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

特別上映会
2017年4月28日(金)
神奈川県 川崎市 麻布区 万福寺
川崎市アートセンター・アルテリオ映像館 → 詳細はこちら

本上映会は終了致しました。
たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

ハテマロ会設立10周年記念
日本・ネパール国交樹立60周年記念
ネパール大地震一周年復興支援上映会

2016年4月23日(土)~5月8日(日)
渋谷・ユーロライブ → 詳細はこちら

至高のネパール文学 初の完全映画化


 第二次世界大戦中、ゴルカ兵(グルカ兵)として日本軍と戦い、心に傷を負った男・スヨグ。 <シリス>の樹に囲まれた館で厭世的な思索に耽る謎の女・サカンバリ。 二つの孤独な魂は激しく衝突し、やがて奇妙に交錯していく。 1960年代のカトマンズを舞台に織りなされる秘められた愛の物語。 しかし、たった一度の口づけが絶望的なまでの破滅の扉をひらく。

 邦題『カトマンズに散る花』の原作は、ネパールの文豪パリジャート女史が執筆し、 1965年にネパール文学の最高峰・マダン賞を受賞した「シリスコフル」(シリスの花)。 国民的ともいうべき有名な作品でありながら、 その内容はネパール人にとってもきわめて抽象的かつ難解とされ、 長らく映画化が実現してきませんでした。 この困難なプロジェクトに、『カタプタリ~風の村の伝説~』(2008)で ネパール映画政府国家映画賞を受賞したネパール映画研究の第一人者、伊藤敏朗監督(東京情報大学教授)が起用され、 クランクインから4年の歳月と膨大な撮影・編集作業の結果、2時間14分の堂々たる文芸大作として完成、 2013年5月にカトマンズ13館で封切られました。

 映画が最大の国民的娯楽のネパールで、本作が公開されるや絶賛の嵐に包まれ、 批評家はこぞって同国映画史上の最高傑作のひとつと称えました。
 ネパール文芸の精髄を世界に示す<シリス>の青い旋風が、いま、日本に巻き起こります。

震災復興支援上映会で遂に日本公開決定


■大震災前の美しいネパールの姿がここに
 2015年4月25日、ネパールを襲った大地震によって、同国は甚大な被害を被り、 世界遺産カトマンズバレーの伝統建築の街並みも大きく傷つきました。 『カトマンズに散る花』は震災前のカトマンズの美しい姿が焼き付けられた貴重な作品となりました。 撮影監督のガウリ・シャンカ・ドゥンズは、この作品でネパール政府国家映画賞(撮影賞)を受賞しており、 本作のビジュアルは大きな見どころとなっています。

 大震災への支援活動を通じて日本での上映に向けた機運が高まり、 2016年4月の震災1周年にあわせ、本作の日本公開が遂に決定しました。 本上映会の収益の全額が「ハテマロ会」を通じて、 カトマンズのバネパ村マハデヴ寺院の再建を含む、 震災被災地域の文化財の再建や被災者の方々に笑顔を届けるプロジェクトなどに供されることとなっております。

至高のネパール文学を生み出した女性作家・パリジャート


■原作/パリジャート(Parijat)
1937年ダージリンに生まれる。小説家・詩人。

代表作『シリスコフル(shirish ko Phool)』に描かれた独特の思索と死生観は、 ネパール人の深い精神性を描ききり、ネパール文学の最高傑作として名高い。
<シリスコフル(shirish ko Phool)>は「シリスの花」の意味で、シリスの和名は「ジャカランダ」。
アメリカでは『Blue Mimosa』で英訳が出版され、根強い人気を保っている。 1993年没。


ネパール大震災で日本隊を支えた映画俳優・プロデューサー


■プロデューサー・主演/ガネス・マン・ラマ(Ganesh Man Lama)
1958年カトマンズに生まれる。俳優・プロデューサー。
フィルム・クリエーション・ネパール代表。

1990年代のTVシリーズ『カンチ』と『マイリ』で一世を風靡して人気俳優となり、多数の映画に出演。 1997年、ネパールと日本の初の合作映画『ミテリ・ガウン~愛の架け橋』に主演した。
日本語に堪能な彼は、ネパール大震災の救難のため現地に赴いた日本の国際緊急援助隊の現地コーディネーターとして奮闘、 その功績により民間人で唯一、日本隊から感謝メダルが授与された。 この実話をもとに、次回作『カタプタリの約束』を、震災後のカトマンズの瓦礫の上で伊藤監督とともにクランクインした。


ネパール映画監督協会所属の日本人監督


■監督/伊藤敏朗(Toshiaki Itoh)
1957年大分市に生まれる。東京情報大学教授。専門は映像表現論。 東京農業大学卒、日本大学 大学院 芸術学研究科 博士後期課程修了・博士(芸術学)。

2008年に現地で製作した中編劇映画『カタプタリ~風の村の伝説~』がネパール政府国家映画賞を受賞、 本作の監督オファーを受けた。ネパール映画監督協会所属の唯一の外国人監督である。
監督作品『こころ北にありて』(2003年)、 TVシリーズ『情報大ステーション』(2004年~2006年・千葉テレビ放送)、 著書『ネパール映画の全貌-その歴史と分析』(2011年、凱風社)ほか。
ガネス・マン・ラマ主演の次回作『カトマンズの約束』は、第一作『カタプタリ~風の村の伝説~』の続編であり、 震災から立ち上がるネパール人と、それを支える日本人との友情を力強く描いたマサラムービーとなる。

ページのトップへ戻る